外部委託のクラウドソーシング

クラウドソーシングならクラウドセールス

注目される業界として

全て社内の人間で業務を行う時代は終わりました。外部に委託するアウトソーシングをきっかけに、不特定多数の外部に対して業務を発注したりアイディアを募集、さらにコンテンツなどを取得するクラウドソーシングが注目されている。

これの躍進により企業内に専門的能力を持たない者だけでも専門的業務の遂行が可能で、非常に細分化された作業が多いのが特徴とする、群衆(crowd)と業務委託(sourcing)が合わさった造語として広まっています。

アウトソーシングとの大きな違いは雇用関係を必要としない、不特定多数の人間同士でプロジェクトがすすめられる現代的で無駄のないスタイルと言えます。

さらに不特定多数に対して、ノミネート方式などの最適な提案に対して発注を行うスタイルも確立されています。大手企業でも商品開発や商品ネーミング、キャッチコピーなどの手法も取り入れたり、航空機のボーイング社は機体組み立てにクラウドソーシングを取り入れています。

112921

日本では

日本でのクラウドソーシングの歴史はまだ浅いながら、着実にその成果を上げだしています。クラウドセールスを始めとする意欲的な業務発注が、これまでの狭い範囲からの発想を転換する新鮮なスタイルを描き出し始めています。

「働くをもっと自由に、働き方に選択肢を」をコンセプトに躍進するクラウドセールスは、人脈を持つ個人と企業を結び付け、プロジェクトに成果が出た時点で報酬が発生する仕組みを取っています。

これはこれまでの報酬ありきで業務を依頼する物とは違う能力的かつ意欲的なあたらしいスタイルといえるでしょう。これまでの時間を拘束される業務では、優れた才能を社会で広げるチャンスが無かった方でも、クラウドソーシングのクラウドワークスなら、最適な企業と結び付くことができるのです。在宅で行う主婦の能力が、日本社会を変えてく力に代わる時はもうすぐそこまで来ています。在宅ワークだけではない、魅力的で高報酬が狙えるクラウドソーシングならこれまでの働き方が激変するのは間違いありません。